2013年06月23日

倉敷味工房の塩ぽんず(岡山県倉敷市)

ゴールデンウィークに、松山へ行ってきました。
往路は神戸から明石海峡大橋を渡って、復路は瀬戸大橋を渡って・・・

これまで一番遠かったのは有馬温泉だから、記録を更新しました。

それはともかく、今回の旅でもおいしいものをたらふく食べましたが、
その中でも特におすすめするのは「倉敷味工房の塩ぽん酢」です。

松山ではぽん酢の種類が多すぎて結局1本も買わず(笑)
どうしよう〜?と思っているうちに海を渡ってしまいました。
お昼に立ち寄った鴻ノ池SAで、まずは腹ごしらえを。

MOTTSUI_001.jpg
もっついラーメン

なんとも怪しげなラーメンですが、なかなかイケます。
特産のイイダコのから揚げが真ん中に載っています。
また、この怪しげな「もっつい」とは、このSAのキャラクターで、
しーちゃんともっつい(いずれもタコ)のペアです。
あわせて下津井だそうです。

そして、私にとってはおいしいぽん酢を買う最後のチャンス(笑)

いろいろありましたが、一番心を惹かれたのが、この「塩ぽん酢」

KURASHIKI_001.jpg

化学調味料を使わず、瀬戸内海の塩と高知のゆず、徳島のすだち、
かつお、こんぶなどで作られています。
余分な味がなく、すっきりした味わいがたまりません!

そして何より、使ったあとにたれないのが最高です!(笑)
なぜかぽん酢の容器って、注ぎ口の周りになんとなくぽん酢が付きませんか?
たれないぽん酢を求めていろいろ買いましたが、どれもイマイチでした。
しかし、これはたれません!!

ただし、普通のぽん酢と違って色が薄いので、かけすぎに注意!

もっと買ってくればよかった〜、と思いましたが、後の祭り。
通販で買えるかな〜?と探してみたら、ありました。

倉敷鉱泉のホームページ

もともとはラムネの会社だったそうです。



タグ:ポン酢
posted by akaanne at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。