2013年07月14日

丼厨房 シェ・くぼたのおまぜ丼(浜松市浜北区)

ちょっとはずれた場所にもかかわらず、ランチタイムは混雑している
シェ・くぼた
いつも駐車場がいっぱいという理由で前を通過してしまうのですが、
今日は運よく空いていました(笑)

たまには別のものを・・・と思ってメニューをながめても、
なぜかいつもこれを注文してしまいます。

chez-kubota_001.jpg
おまぜ丼(茶そばサラダと杏仁豆腐と味噌汁付で840円)

chez-kubota_002.jpg
角切りのお刺身の下には、めかぶと納豆が隠れています。

これに醤油をかけて、ぐるぐる混ぜる!

そしてご飯にかける!

chez-kubota_003.jpg
こんな感じ

お店の看板メニューは「フォアグラ丼」ですが、魚好きの私はやっぱりこちら。

posted by akaanne at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

シーツーのインドカレー(静岡県浜松市・袋井市)

浜松近辺にはなぜかカレーのお店がたくさんあります。
何軒か行きましたが、今のところシーツーが一番だと思っています。

特にナンが一番です。

7月15日まで、袋井店4周年フェアーで15%引きだということで、
いつもより高めのものを注文(笑)

C2_001.jpg
マトンカレーとスモールプレーンナン

普通サイズのナンは、夜食べるのには少し多いので、夜はいつもスモールサイズを注文します。
ここのナンは国産の小麦粉を使ってじっくり熟成させているとのこと。
ほんのり甘くて、ちょうどいい焼き加減のナンはやみつきになります。
おいしいナンの秘密はこちら



タグ:カレー
posted by akaanne at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 各国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

天下一品 船越店のスタミナ(こってり)ラーメン(浜松市中区)

前回いつ行ったか思い出せないくらい久しぶりに天一(天下一品)へ行きました。
京都に11年住んでいた私は、天一の「こってり」が大好きです。
今回は「半チャーハン定食」の文字が目に飛び込んできたので、それを注文しました。

Ten-ichi_001.jpg
これで930円

静岡県で唯一の天一が浜松にあって、本当に幸せです(笑)
とはいっても、船越店の「こってり」は、いまいちです。
やはり、フランチャイズだからでしょうか?いや、やる気の問題だな。

何がいまいちかというと…

Ten-ichi_002.jpg

(1) スープとネギが少ない!
(2) チャーシューが薄い!
(3) スープの味が濃い!
(4) 麺のゆで加減が硬い!

スープは、ある時から少なくなったような気がします。
その時にお店のオバチャンに「前よりスープ少なくなっていませんか?」
と尋ねたら、「ちゃんと線まで入れてるから変わっていないはずだ」
と答えられた。マニュアル通りに作ればいいのか!
「スープ大」というのが無料らしいので、スープをたくさん飲みたいときはスープ大を注文しています。

スープの味もある日濃くなったような気がしたので、その時に
「前よりスープの味が濃くなっていませんか?」
と尋ねたら、「ちゃんと量って入れてるから同じだ。『たれ無し』と注文すれば味が薄いから、自分で味を調節してくれ」と言われた。味をみてから答えてよ〜!

ネギは、京都の直営店と比べると、ほんとに少ないです。
そして、ネギの増量は有料(現在は120円)
私の行きつけだった今出川店は普通で船越店の2倍くらい、「ネギ大」は無料。
そして、九条店は、カウンターにネギが山盛り置いてあって、自分で好きなだけ入れられます。

…と、いろいろ不満はありますが、何せ静岡県唯一の天一ですから、多少は妥協します(笑)

ここのこってりスープ(船越店ではスタミナラーメンと呼んでいるが)は
独特で、どろどろなのにしつこくないんです。

Ten-ichi_003.jpg
スープ接写(笑) 表面に油の姿は見えません

おそらく野菜や鶏肉や卵などを煮込んで、そのまますりつぶしているのだと思います。
だから、油は限りなくゼロに近く、スープを全部飲んでも(飲むというより食べるという感じ)もたれません。
スープを食べなきゃ、こってりを注文する意味がありません!

風邪ひきそうだな、と思ったら天一のこってりを食べれば、翌日には元気ハツラツ!です。


posted by akaanne at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

倉敷味工房の塩ぽんず(岡山県倉敷市)

ゴールデンウィークに、松山へ行ってきました。
往路は神戸から明石海峡大橋を渡って、復路は瀬戸大橋を渡って・・・

これまで一番遠かったのは有馬温泉だから、記録を更新しました。

それはともかく、今回の旅でもおいしいものをたらふく食べましたが、
その中でも特におすすめするのは「倉敷味工房の塩ぽん酢」です。

松山ではぽん酢の種類が多すぎて結局1本も買わず(笑)
どうしよう〜?と思っているうちに海を渡ってしまいました。
お昼に立ち寄った鴻ノ池SAで、まずは腹ごしらえを。

MOTTSUI_001.jpg
もっついラーメン

なんとも怪しげなラーメンですが、なかなかイケます。
特産のイイダコのから揚げが真ん中に載っています。
また、この怪しげな「もっつい」とは、このSAのキャラクターで、
しーちゃんともっつい(いずれもタコ)のペアです。
あわせて下津井だそうです。

そして、私にとってはおいしいぽん酢を買う最後のチャンス(笑)

いろいろありましたが、一番心を惹かれたのが、この「塩ぽん酢」

KURASHIKI_001.jpg

化学調味料を使わず、瀬戸内海の塩と高知のゆず、徳島のすだち、
かつお、こんぶなどで作られています。
余分な味がなく、すっきりした味わいがたまりません!

そして何より、使ったあとにたれないのが最高です!(笑)
なぜかぽん酢の容器って、注ぎ口の周りになんとなくぽん酢が付きませんか?
たれないぽん酢を求めていろいろ買いましたが、どれもイマイチでした。
しかし、これはたれません!!

ただし、普通のぽん酢と違って色が薄いので、かけすぎに注意!

もっと買ってくればよかった〜、と思いましたが、後の祭り。
通販で買えるかな〜?と探してみたら、ありました。

倉敷鉱泉のホームページ

もともとはラムネの会社だったそうです。



タグ:ポン酢
posted by akaanne at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

N's Grounds のカフェ・オ・レ(静岡県磐田市)

ランチの後、プラス105円でドリンクを注文できます。

ここではカフェ・オ・レに決めています。

お店に確認したことはありませんが、おそらく低温殺菌牛乳
使用しているので、いわゆる“牛乳臭さ”がなく、すっきりした
味わいです。

NS_005.jpg
膜も張っていない!(笑)

posted by akaanne at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。